綺麗に洗ってからしまうこと

この記事をシェアする
B!

ぬるま湯だけでは落とせない場合

落ちにくい汚れもある

ホットプレートで、油を使った料理を作ることもあります。
油汚れはこびりつくことが多いので、ぬるま湯だけでは落とせません。
まだ汚い状態だったら、洗剤を使ってください。
家庭にある食器用の洗剤でも、ホットプレートを洗えます。
洗剤を付けたスポンジで全体を擦ったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。

かなり汚れがひどく、洗剤でもなかなか綺麗にならない場合はホットプレートをぬるま湯に浸けましょう。
15分から20分程度浸けると、油汚れが浮き上がります。
それからスポンジで擦ることで、スムーズに洗えるでしょう。
どのくらいホットプレートが汚れているのか確認して、瞬時にどの方法を使えば最も効率が良く洗えるのか判断することが大切です。

水気をしっかり拭き取ろう

汚れを全て落としてホットプレートが綺麗な状態になったら、そこで満足してしまう人が見られます。
しかしまだ水気を拭き取って、よく乾かす良いという作業が残っているので怠らないでください。
ホットプレートが濡れている状態だと、カビや雑菌が発生します。
そのようなホットプレートを使って料理をすると、体内に雑菌が侵入する危険性があるので注意してください。

乾いた布巾や、キッチンペーパーで拭くのがおすすめです。
完全に水気を拭き取ったら、後は保管してください。
また濡れている状態を放置すると、ホットプレートが錆つく原因にもなります。
せっかく買ったホットプレートが使えなくなったらもったいないので、長持ちするように手入れを行いましょう。