綺麗に洗ってからしまうこと

この記事をシェアする
B!

しっかり汚れを落とせる道具

肌に優しい洗剤が良い

頑固な汚れを落とす時は、重曹もおすすめです。
重曹は水に溶けると、アルカリ性の性質を持ちます。
反対に汚れは酸性の性質を持っていることが多く、互いが結びつくと働きを打ち消し合って、汚れも水に溶けやすい性質に変わります。
粉末状の重曹は、100円ショップでも購入できます。
大きな出費にならない面も、大きなメリットですね。

また自然由来の洗剤なので、通常の洗剤では肌が荒れてしまう人でも使用できます。
小さな子供でも安心なので、子供がお手伝いをしてくれる時に使っても良いと思います。
重曹があると、ホットプレート以外に換気扇なども綺麗に掃除できます。
様々な場面で大活躍するので、いつでも使えるよう用意しておきましょう。

ペースト状の重曹を使う

ホットプレートを洗う時は、ペースト状の重曹を作ってください。
重曹を大さじ2杯ほどすくい、それに大さじ1杯の水を加えて練るだけで完成します。
ペースト状になった重曹を、油汚れが特に気になる部分に塗ってください。
それから10分から15分ほど放置します。

すると汚れが浮き上がるので、スポンジやペーパータオルで重曹ごと汚れを拭き取ってください。
最後に仕上げとして、水で濡らしたタオルで汚れていた個所を拭き取ると掃除の終了になります。
この方法なら大抵の汚れは落とせるので、ぬるま湯や洗剤だけで落とせなかった汚れに試してください。
ペースト状にした重曹は、密閉容器に入れると長時間保存できます。
時間に余裕がある時に、多めに作っても良いでしょう。